縄文杉トレッキングツアー~屋久島

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

動物達も自然も言葉を発しないけど
そこにいるだけで
そこにあるだけで
私たちにメッセージをくれる存在

愛犬エルの一周忌に屋久島の縄文杉まで慰霊登山をしました。
縄文杉にエルの魂と共に会いに行った夏。

前日から屋久島入りして民宿で早めに就寝。

4時起きしてガイドさんに迎えに来てもらう。
朝食と昼食はお弁当を予約して作っておいてもらったものを
もって登山口へ。
登山前にお弁当を食べていよいよ7時登山開始。

トロッコ道を快調に歩きます。
新緑のみずみずしい空気を吸いながら、平たんな道なので
歩きやすいです。
以前はたくさんの人が暮らしていた集落や学校の跡地もありました。



樹齢数百年~千年単位の杉の巨木が当たり前の森の中
屋久サルや屋久鹿たちが顔を見せてくれて
湧き水はどこまでも柔らかく、のどを潤し、足を冷やしてくれた。
空のペットボトルがあれば飲み水はどこでも汲むことができて、
美味しい!

縄文杉の近くにテントを張り一泊する。
自然保護の観点から、便利なものは一切ありません。
過酷なトイレ環境なので覚悟がいります。
売店などもありません。外灯もありません。
湧き水で水分補給と持参した食料で一夜を明かします。
夜中に不思議な体験をしました。
ガイドさんに聞くと良くあるようです。

翌朝、朝日に輝く縄文杉を見られるのはそこで一泊した人の特権ですね。
お天気に恵まれた2日間、縄文杉に別れを告げ
心地よい疲れとともに愛犬エルを改めて愛おしく感じるのでした。

小さい人間を静かに見下ろして歴史を見てきた杉たちが
動かずそこにいてくれる。
また会いに行きたい。しかし、
縄文杉までの道のりは確かにキツかった!





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村