信頼っていうこと

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストのさつきです

日本昔話が大好きです。😊

時々思い出しては胸が熱くなるのが
「笠地蔵」

昔、昔あるところにおじいさんとおばあさんが
あったそうな~
大晦日、おじいさんが手作りの笠とわらじを
村まで売りに出かけます。
お正月のお餅を買うためです。

ところが一つも売れませんでした。
おじいさんは仕方なく家に帰ることに。

雪が降ってきました。
帰り道にある6体のお地蔵様が頭に雪を積もらせています。

おじいさんは
「お地蔵様、寒かろう」と頭の雪を払い
もっていた笠を一人一人にかぶせてゆきます。

笠が一つ足りなくなり、
おじいさんは自分のほっかむりの手ぬぐいを
最後のお地蔵様にかぶせます。

家についておばあさんに話しますと
「それはそれは、おじいさん良いことをしましたね」
といい、二人で白湯を飲んで眠りにつきました。

( ^ω^)・・・

「全部売れるまで帰ってくるな!」とか
「餅、どーすんだ!」とか
「餅もだけどその他なんもねーよ!」とか
「おなかグーグーだわ!」とか
いろいろツッコミたくなるのでは?おばあさん。
と俗世間の私はちらりと思ってしまいますが

きっと、おばあさんはおじいさんの優しさを愛し、
おじいさんはおばあさんの包容力を愛し、
何より信頼しきっているんだなと感じます。

ご存じの通り、この後めでたし、めでたしとなるのですが、
信頼の難しさと美しさに胸打たれます。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村