ペットさんの介護の工夫

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストのさつきです

わんこ、にゃんこも寿命が延び
嬉しいことと共に人間のように
介護も必要になってきます
大切な家族ですから最後まで悔いなく
お世話したいですね

左2頭目が「りき」ちゃん

先週お友達の「りき」ちゃんが
天寿を全うして虹の橋をわたりました。
お友達が次々と旅立ってしまい人間は寂しくて
立ち尽くすばかりです

りきちゃんはなんと18歳!
最後3か月ほど介護が必要だったそうです

ママさんが大事にお風呂に入れたり
床ずれができないようにいろいろ試行錯誤して
人間のママの母乳パットを使ったそうです。
便秘の時は手で掻き出したり
夜泣きの時は一緒に側にいたり

りきちゃんのママは悔いはないと
すがすがしいお顔をしていました。

私も「りきちゃん、楽しい思い出をありがとう天国で
皆待ってるから、また一緒に遊んでね」と
伝えました。

猫のぼんちゃんのおむ姿

動物用のオムツは高価なんですよね
人間用は高性能で安価
私は人間用のオムツにしっぽ穴をあけて
使ってました。
ただ切り口から凝固剤の粒粒がこぼれてくるので
切断面をマスキングテープなどで
止める必要があります。
ほんとに試行錯誤
オムツ、ごはん、お手入れ、投薬、点滴など

彼らの最後の生活が快適で苦痛のないように
介護は大変だけど
彼らからのギフトだと思うのです。
見送った後、私たちが悔いなく心穏やかでいられるように

わんこ友達が書いてくれたエルの絵💛





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村