犬のための家

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストのさつきです

暑がりの愛犬エルのために
避暑地の別荘を購入しようと
探していた時のお話です

愛犬エルが8歳を過ぎ、毎年東京の夏の暑さの中のお散歩
が堪えるだろうなと思い(エルは毎日3回の散歩が習慣化していた)
夏は涼しいところで過ごさせてやりたい一心で高原の別荘を探しました。
長野や伊豆高原、嬬恋村、福島、たくさん現地へ見学に行き、
那須高原で手ごろなお値段で雰囲気の良い物件を見つけました。
いずれは定住してもよいと思い2回、現地見学に行き、お話を聞いて
契約したのです。

2016年12月の事でした。
2017年のゴールデンウイークにエルと3日間過ごして
この夏はひと夏過ごそうと思っていた矢先に7月にエルが突然
天国へ行ってしまい、ショックで茫然自失。
まだ10歳だったので、あと数年は一緒に高原の夏を楽しめると思っていたのです。
エルのための別荘はただ、管理費や光熱費の基本料金がかかるだけの
ものになってしまいました。
しかも、定住するには結構なリフォームが必要なことが分かったのです。
家の通気口数か所にアリの巣があり、留守中に大量にアリの死骸が部屋に散らかっており、この駆除と通気口をふさぐための工事が発生。
下水道がないので浄化槽を新しくしたり、実はお風呂場の配管が水漏れしていてお風呂場がやけに結露が発生するなど、その季節にならないとわからない事や、購入する前に配管が壊れていないかきちんとチェックしたうえで買わないと、買ってしまってからはこちらの負担で工事が発生してしまうなど、勉強になりました。
あと、憧れがちは「吹き抜け」はやめたほうがよいです。
屋根裏がないと、暑さ、寒さがより厳しくなります。
素人の浅はかな物件選びはエルが一度利用しただけで終わりになりました。
全て工事を入れてお風呂もリフォームして、わんこさん多頭飼いの
良い人に買っていただきました。
これからわんこを迎えたら、買わずにその都度いろいろなところに
避暑に行こうと思っています。
エルが教えてくれた貴重な体験。

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村