はるちゃん晴れ晴れ日記

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

保護犬のはるちゃんが12/26に我が家に来てくれて1週間。
12/30の嵐の夜、体調を崩し食欲不振と下痢に苦しみ
翌日、病院へ。
水分補給の点滴と栄養注射をしてもらい
半年以上切っていなかった爪を切ってもらいました。
年末年始も診てくれる動物病院があることに感謝。
病気は盆も正月も関係なしですから。

わんこ、にゃんこへのシリンジで水、流動食を与える方法。

こたつでぬくぬく

飲み薬はタイロシン抗生剤、ロペミン下痢止め
セレニア錠酔い止め。
食事をとらない場合の流動食ロイヤルカナンリキッド
をもらい帰宅。
当日はなにも食べずひたすら眠るはるちゃん。

翌日、薬を粉状につぶし流動食にとかして
シリンジで飲ませます。
口の横、犬歯の後ろの歯の隙間から少しずつゆっくり
優しいヘッドロックのように頭を左手で抱え
あごをてのひらで支え、やや上を向かせてむせないように
あせらずゆっくりがコツです。
口の正面からいれようとすると噴水のように
吹いてしまいます。
「口の横、犬歯より後ろから」
犬猫さんにシリンジで水、流動食等与えるときはこの方法で。

はるちゃん、夜にはウエットフードを少し食べてくれました。
おなかの冷えも原因にあるので腹巻も有効。

お昼の散歩の後は「ホットストーンマッサージ」で
首から背骨、しっぽの付け根、四肢を温めました。

高齢でもあり、気圧の変化、気温の変化等に体調が左右されます。
よく観察してはるちゃんの「心地よい」を実現していきます。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村