はるちゃんの歌

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

アニマルコミュニケーションをして動物さんと
繋がるとメロディーが聞こえてくる時が
あるのです(^^♪

はるちゃんと散歩している時に私は良く
「春がきた~、春がきた、どこにきた~」と歌いながら
歩いています。
また、寝かしつけている時は
「春のうららの~隅田川~」などはるの名前を呼んでいるうちに
春にちなんだ歌が自然と出てくるようです。

こんな風にママさん達がペットさんによく歌っていた歌を
ペットさんも耳になじませているうちに
ママさんと歌を紐づけて懐かしい、心地よいメロディーを
アニマルコミュニケーターに伝えてくれたりします。

愛情を受けた幸せを充分に感じているのですね。

先代犬の「エル」にも自分で作った「大好きの歌」「可愛いの歌」
をいつも体中をなでながら歌っていました。

皆さんもお家の子と一緒に歌を歌ってコミュニケーションを
してみると楽しいですよ。
ペットさん達もママの愛と歌を覚えてくれています。

春もすぐそこまできています。
希望の春となるように。
晴天の心晴れ晴れの未来が来るように。

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

犬のてんかんと認知症

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

保護犬のはるちゃんがうちに来てくれてから1か月がたちました。
12/26,12/27,1/13,1/27はてんかんの発作がありました。

はるちゃんの様子は日々目まぐるしく変化します。

とても元気よくどこまでも歩く日とよろよろと進む日と。
興奮して何かから逃げようと家の中を走ったり・・・。
ぐるぐると歩いていたり。
もうろうとしていたり。
飲み水に足を入れてしまったり。
夜中に寂しそうに泣いていたり。
多飲多尿。

どうやら認知症の症状のようです。
高齢犬でリスクのある子を承知で引き取ったので
私のやることは神様が決めたはるちゃんの寿命を全うさせること。

なので、獣医さん指導のもと徘徊用のサークルを用意して
念のためオムツをして
夜泣き、興奮状態の時のために
「ジアゼパム」はごく弱い安定剤のようなお薬を処方してもらう。

徘徊、夜泣きなど人間の認知症とよく似ています。

はるちゃんがうちに来てくれたのにも意味があります。

「たくさんの経験をさせてくれるため」

これから、介護になる可能性もありますが、
はるちゃんが快適で不安がなくて、ごはんが美味しいな
という犬生をすごしてくれたらいいな。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村







ペットさんとの会話

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

アニマルコミュニケーションでペットさんと対話する時
聞いてはいけない事。
それは、
過去のトラウマにふれる事象に関すること

飼い主さんにとって大切なペットさん。
そのペットさんについてなんでも知りたいと思ってしまうこと
は仕方のないことですが、

特に保護犬、猫さんの過去について
どういうところにいて、どんな目にあったかなど
また、シッターさんや動物病院、トリミングの後から
様子がおかしい場合など飼い主さんは何があったか聞きたがります。

明らかに何か嫌なことをされている場合は
利用する施設を変えましょう。

トラウマを抱えている保護犬、猫さんの過去は
聞いてしまうとフラッシュバックでつらい思いをさせて
しまう場合があります。

うちに来てくれた保護犬のはるちゃんも
ちょっと意識を合わせると過去の情景が浮かんでくることが
あります。
その時は、深堀せず意識をはずします。
私が感じていることをはるちゃんも追体験してしまうからです。
楽しいことではないものはもう忘れさせたい。

過去に何があってもこれから先は必ず幸せになるんだ。
過去の事はすべて忘れていいんだよ。
ということを伝えましょう。

過去の出来事をほじくり返しても誰も幸せになりません。

人間も過去の辛いこと聞かれるの嫌ですよね。
思い出すの嫌ですよね。

アニマルコミュニケーションはこれから先の
人間とペットさんの幸せのためのお手伝いです。

ペットさんに聞きたいことを良く吟味して
そのことでお互いの絆、信頼関係がより深く、より強くなること
幸せの輪がどんどん大きくなることが
アニマルコミュニケーションの目的です。

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

新春晴れ晴れ日記

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

クリスマスもお正月もはるちゃんには関係ありません。
ただ、その日を生きることで今まで来た。
そんな感じをはるちゃんのたたずまいから受けます。

わんこと旅に出かけたりするのはとても楽しいことです。
わんこも生き生きと楽しそうにしていますが、お家に帰ってくると
やっぱり家が一番いい!みたいにほっとくつろいでいませんか?

わんこは習慣の動物です。
日常と違うことが起きるとセンシティブな子は体調を崩したり
しますね。
人間のイベントも彼らには関係ないようで、カウントダウン花火など
大変迷惑そうです。
はるちゃんも、保健所に収容されたとき、そこから病院に移ったとき
そして我が家へ来たとき、いずれも環境が変わった時点でてんかんの発作を起こしています。
環境の変化がどれだけストレスになっているかがわかります。

特に警戒心、恐怖心でいっぱいの子が「いつもと違う」ことになったときに、少しでもストレスにならないように気を配る必要があります。

はるちゃんはてんかんの発作の他にも、膀胱炎や下痢の症状があり
お薬を飲んでいましたが、次に来たのが便秘でした。
2日間うんちがでなくておなかにレイキヒーリングをして
うんちがやっと出た時には空に向かって快哉を叫んだほどです。

人間も動物も「快食」「快眠」「快便」の基本が何より大切ですね。

アニマルコミュニケーションで挨拶をして、レイキでヒーリング、
Tタッチでリラックスさせるなど動物にしてあげることはたくさんあります。

「はるちゃんが大好きだよ」「うちに来てくれてありがとう」
はるちゃんの笑顔を早く見たいよ。
へそ天で寝てくれる日が待ち遠しいよ。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

飼い主の後悔

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

ペットが病気になったとき、飼い主はたくさん悩みますね。
投薬か手術か。
緩やかな薬か、強い薬か。
入院か、在宅か。


健康でできるだけ長生きしてほしいという願いは皆同じですよね。
でも、病気になってしまったら、なるべく苦痛がないように、
なるべく快適に過ごせるようにと心を砕きます。

沢山の選択の中で飼い主さんは迷って、迷って、決断して。
そして、結果多くの後悔をしてしまします。

闘病の末天国に行ってしまったら、自分の選択が間違っていたと悔やむ飼い主さんが多いのです。

その思いがペットロスを重くしてしまう一因でもあるのです。

しかし、ペットさんにお話しを聞くと、「ママの選択が間違っていた」という子はいません。

彼らは、どちらを選んでも間違いではない。
どちらの方法も飼い主さんが一生懸命良かれと思って選ぶ
「愛だから」。

だから、苦しまないでほしい、とメッセージをくれます。

楽しい暮らしも、闘病のつらい日々もどちらも素晴らしい思い出
として大切に心にしまって旅立っているのです。

一生懸命考えて選んだ道を信じて笑顔で過ごしていることが彼らの望みです。

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

犬と暮らす日々

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

生活の中に犬がいる生活
365日早起き
1日多い人は3回散歩(うちは合計4時間位)
なんて、健康的!

愛犬エルが天国に帰ってからもう3年半。
そろそろ犬との暮らしがこいしくなってきました。
犬と暮らすと、とても健康的で毎日笑っていた。
だって、可愛い子がいつもそばにいるから。
犬の最善をいつも考えて、犬のために健康でいようと思う。

早起きも犬のためならつらくない。
犬なしの散歩はつまらない。
犬がいない旅行はつまらない。
犬の匂いがしない家は寂しい。
犬のぬくもりがないベットは冷たい。
犬のためにしたいことたくさんある。
犬と暮らそう。
また、犬と暮らそうと思う。
彩のある暮らし。
犬は人間が人間らしく暮らすために大切な存在。

明日、保護犬さんの譲渡会に行ってうちに来てくれる子を探す。
昨日の夢の中でエルと一緒にいたわんこがいた。
その子が来てくれるのかな。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

ドックラン

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

犬にとって自由に走り回れることほど楽しいことはないと思われます。
ドックランが近所にあったらどんなにいいだろう。

愛犬エルがうちにきてから初めてできたお友達、みんな同い年のミーちゃん、がっちゃん、良く一緒にお相撲を取って遊びました。
毎朝、恒例のドックランで1時間くらいたっぷり遊べて楽しそうでした。みんな元気にしてるかな。元気にしてるといいな。

この写真は府中の森公園の囲いのあるスペースで長年早朝のドックランとして犬飼と犬の朝のお楽しみの場所でしたが、その後、犬は使用禁止ということになり締め出しをくらい、大変寂しい気持ちになりました。みんなキチンと使ってたのに。
なぜか、広い公園内で場所はたくさんあるのに、囲いの中でラジオ体操がおこなわれていました???囲いの中でやる必要ある?
犬の使用を禁止しておいて空けておくのが不都合だったのかもしれませんね。
それから、この公園からは犬友達皆が足が遠のいてしまいました。

稲城市はドックランの要請の署名活動もありましたが未だ実現ならず。宅地造成にやっきになっております。
多摩川の河川敷なんてドックランにもってこいだと思うけどな。

この近くでドックランにいくとすると昭和記念公園、小金井公園、神代植物公園、カインズホームでもドックランがあるらしいです。

犬に癒されてばかりいないで、犬のための癒しも考えてあげたいですね。

私の目下の夢は、これから迎える保護犬さんを楽しませる自宅ドックランのある家に住むこと。
そこにご近所のわんこさんとご家族が自由に集って、犬たちはドックランで遊び、人間は犬のための学びのワークショップでわいわい楽しむ。悩みはみんなでシェアして一人で悩まない幸せなペットライフを作ること。動物を心から愛しているから、彼らの生きる世界が幸せなことが私の一番の望みなのです。
願いをかなえてくれるランプの精ジーニーにお願いするとしたら、「動物がそれぞれの動物らしく生を幸せに生き抜くことができる世の中になりますように」
とお願いするな~。これが私にとっての一番の幸せ。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村


猫の恩返し

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

猫は恩返しをします。
お供え物はネズミや野鳥です。
猫が心を込めて狩りをした特別品です😱

うちに出入りしている猫さんは延べ6匹。みんな野良猫出身のツワモノ達。生まれてから生き残るのが奇跡のような野良猫生活から生き延びてきた尊敬すべき命の先生です。

彼らが人間からご飯をもらって暖かい寝床を提供してもらっていても
野良猫の警戒心はなかなか抜けません。
少しの物音にも敏感に反応して、毎日の縄張りのパトロールも欠かせません。外猫さんを家猫にする場合に大変苦労するのは、パトロールの本能を封じ込めるところにあります。

「外にだして~」と夜な夜な泣き叫ぶのに耐えられなくなり根負けしてしまうと完全家猫にするのは難しくなります。
彼らの自由を尊重するか、安全、安心をとるか、選択に迫られます。

私はできるだけ自由にさせて、病気や老いで外の生活が厳しくなってきたなと見極めた時に、家猫になってもらい最後の時を一緒に過ごしてもらうようにしています。

最後のときを一緒に過ごしたボンちゃん、のんちゃん、二人とも
良く狩りの獲物を家に運んできました・・・。

ほんちゃんは歯がないのにどでかい野ネズミをくわえて帰ってきて
心の中で悲鳴をあげましたが「ボンちゃん、すごいね、。ありがとう」というと誇らしげに瞳を輝かせて満足気に頭をそびやかしておりました。あの大きな獲物をくわえてきたあごの力にびっくりしました。

のんちゃんも野鳥をとってきては、ポトリと私に差し出してくれました。

彼らにとっては生きる糧だったものを、私たちに「どうぞ」と差し出す、義理堅い猫たち。

ツンデレで人間に媚びない気まぐれな猫たちですが、こちらの愛情に応えてくれて恩返しまでしてくれるいじらしい一面ももっています。

人間と同じ、細やかな心があること、もっとみんなに知ってほしい。

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

ペットさんからのメッセージ

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

アニマルコミュニケーションを
ペットさんの希望で依頼してくる
場合があります

アニマルコミュニケーションを依頼しようかどうかと飼い主様が思いついて行動に移すときに、そこにペットさんの思いが乗っかている場合が多くあります。ペットさんがどうしても飼い主様に伝えたい、気づいてほしいという強い思いがあって、アニマルコミュニケーションというツールが縁づいたとき、飼い主様が申し込みの行動にでるのです。
ある方は、ペットさんの介護があって、自分の未来を制限していた時に、ペットさんが飼い主様にどうしても「自分のために未来にブレーキをかけてほしくない」と伝えてくれ。というメッセージ。
あるペットさんはパパとママの心が離れていく様子が悲しくて、元の幸せな二人に戻ってほしくて気持ちを伝えて。というケースもありました。
ペットさんは家族の心の様子も良くキャッチしています。
そして、自分も力になりたいと願っています。
可愛がられて、守られている存在だけではなく、ペットさんに助けられることがたくさんあります。
そんなペットさんとの会話を通して、私もハッとさせられます。
後々腑に落ちてくる会話もあります。
そんな深い話をしてくれるペットさんとの会話を飼い主様自身が体験することもできます。
もっとうちの子と分かり合いたいと考えているのなら是非アニマルコミュニケーションの世界をのぞいてみませんか?

アニマルコミュニケーション
でできること↓





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

アニマルコミュニケーションとは・・・感謝

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

アニマルコミュニケーションを依頼してくださる
クライアントさんはペットさんを人一倍愛している飼い主さん(⌒∇⌒)

アニマルコミュニケーションのご依頼をいただいて、ペットさんとお話をして飼い主さんへ内容をお伝えする時に、いつも感じるのはダントツにペットさんへの飼い主さんの愛情。
アニマルコミュニケーションに寄せられる内容は
①、いわゆる「問題行動」吠える、拾い食い、トイレの失敗、など
  どうしてそうなるのか気持ち、理由を聞きたい。
②、生活の変化、引越、家族が亡くなった、後輩のペットさんが増え
  るなどの時に彼らの気持ちを聞きたい。
③、飼い主さんが気持ちを伝えたい。
④、天使になった子とお話がしたい
⑤、病気やシニアの看病の時の本人の希望を聞きたい
などが主な内容です。
その中で飼い主さんがペットさんのために何とかしたいという探求心とあきらめない心。
人間が何ができるかを考えて努力しようとしています。
より良いものを求めていろいろ手を尽くそうとしています。

私もその飼い主さんのペットさんに対する万全を尽くしたい思いを受けて私の力の及ぶ限りのことをさせていただいています。
飼い主さんと一緒にペットさんの言葉に感動したり、泣いてしまったり彼らの人生のストーリーを垣間見せてもらっています。

ペットさんという家族と毎日つつがなく暮らせるように、お手伝いできる嬉しさよ。
いつも最後はやっぱりペットさんと飼い主様に感謝です。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村