ペットちゃんの看取り

ペットちゃんたちとのお別れをたくさん体験して

私ごとですが、大事な大事な家族であるわんこ、にゃんことのお別れを幾度となく体験してきました。

突然のお別れ、闘病、介護をへてのお別れ。
どのお別れも身を引き裂かれる痛みを感じます。

きっとペットちゃんと暮らしている方の多くはその時が来てしまします。

そんな思いをしたくないがためにペットちゃんを飼わないという選択もあります。

今年になってから3回のお別れがありました。

今、心静かに思うのは「死ぬこと」は「不幸」ではないということ。
魂が肉体がある状態から、ない状態へと変化しているだけで可愛いあの子たちが寂しく泣いているわけではないのです。

あの子たちに会えない寂しさはもちろん辛いことですが、特に苦しい闘病をしている子にとっては死はある意味「祝福」です。

苦しい肉体を抜け出して軽々と自由で快適な場所へ行けるのです。

「良く頑張って人生を生きましたね、あなたのおかげでママは幸せでした。ありがとう。またきっと会いましょう」と送りだしたいです。

たった今、別れにもがき苦しんでいる人がいたら、泣くのは思い切り泣いていいと思います。そこを我慢しないで全部出し切りましょう。

泣き疲れて、空を見上げることができるようになった時には
あの子の笑顔と楽しかった日々を慈しんで笑いましょう。

「あなたに会えて良かった。幸せだった。ありがとう。きっとまた会えるから、もう寂しくないね」と空に手を振ろう。





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

自己肯定感のお話

最近はやりの「自己肯定感」

あなたは、自己肯定感が高いですか?

自己肯定感は「高低」ではありません。

生まれた時は、誰しもがMAXで持っていたものです。
もともと「あった」ものを「取り戻す」だけ。
あなたという存在がいるだけでいいという感覚を取り戻すのです。

常識とか世間体とか価値観とかの雑音は置いといて
あなたという存在がいるだけでよいのです。

自信がある、ない。
関係ない。
あってもいい。なくてもいい。どっちでもいいのです。

人の役に立ってもいい。立たなくてもいい。どっちでもいいのです。

ジャッジするな。
ただ、受け入れろ。