愛犬エルと夏旅の思い出

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

愛犬エルはドライブが大好きでした!


エルの笑顔が見たくて

一緒にいろんなところに行きました


夏は高原とか涼しいところ


修善寺の竹林

気持ちいい~😊

たくさんの笑顔

思い出

宝物です

旅館のわんこ用夕食!
車の中もご機嫌(^^♪

楽しかったね💛





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

猫腎臓病の輸液の日

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です

今日は2日に1回、猫ののんちゃんに皮下輸液をする日

肩甲骨の間の皮をつまんで

角度20度で留置針をさして

60ML の生理食塩水を入れていきます 







のんちゃん応援団長、頼みます

慢性腎臓病の猫さんを在宅で看護している多くの方たちが

自ら我が子に針を刺さねばなりません

正直、憂鬱な日です

しかし、ここで

「痛いだろうな、怖い」と

針を刺すと、マイナスエネルギーが

のんちゃんの体に入っていくのです

そこで

「ありがとう!のんちゃんの体を楽にしてくれて感謝します!」

「ありがとう、ありがとう・・・」と言いながら

シリンジを押して注入していきます

キラキラの°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°エネルギーが

のんちゃんの体に入っていきます



あとは、たっぷり日光浴で

充電完了! 

 

今日も大切な1日
ゆったり過ごしましょう(^^♪





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

猫の腎臓病

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です


のんちゃん、がんばってますよ~!

うちの「のん」ちゃん、推定15歳以上

5月末位からご飯を食べず

病院で診察したところ「慢性腎臓病」・・・(*´Д`)



そのまま入院となり
24時間の静脈点滴

とりあえず3日

3日後、病院からの電話で
「数値が少し良くなってきているので、あと3日」

3日後、病院からの電話で
「もう少し、延長で」

入院中の私の心の中は
1日がじりじりと長く

のんちゃんの
点滴につながれ
知らない場所で
エリザベスカラーで
自由が利かず 

仕方のないことですが
老猫の完治しない腎臓病で
これ以上、入院を延長するのは
私がもたないと判断し

退院させてきました

体重が600G増えてました!(^^)!

その夜
のんちゃんは

私の横で
私のてのひらに小さいお手てをのせて
ほっとしたように
ぐっすり朝まで
ねむりました

あとどの位のんちゃんと一緒にいられるか
神様にしかわかりませんが
一緒にいて
お世話できる幸せが
のんちゃんからのギフトです




男の子だけど母のように小さい子の世話をする優しいのんちゃん





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村

I AM HERE !

~人と動物たちの幸せな未来のために~ 


地球で共に生きる命が愛おしい


こんにちは
「エルの庭」
アニマルコミュニケータ&セラピストの朔月です




私達の家族であり友人である動物たちのこと、そして私たちの心と体のことについて書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。











私の人生を変えた魂の友「エル」です





エルは2007年9月17日我が家に来てくれました。

大好きなブログ「富士丸な日々」の富士丸君が大好きで
いつも拝見していました。(今は大吉くん、福助くんのブログ)
その中に「いつでも里親募集」のリンクがはってありました。

里親サイトを1年位見続けて、「エル」を見つけてから気になって気になって仕方なくなり、エルに縁を感じました。

当時の私は虐待にあって捨てられていたエルが可哀そうで、私が幸せにしてあげなくてはと思い溺愛していました。

出会う人にもエルの生い立ちを語り体中の消えない傷跡をみせたりしていました。

今にして思うとなんとエルに失礼だったことか!
なんと上から目線だったことか!
なんと傲慢で無知だったことか!
エルに詫びても詫びきれません・・・。



もし、あなたが不幸な生い立ちをいつまでも人に同情されたらどうですか?
今こんなに幸せなのに、「この人は幼いころに虐待にあってね~」などと
いわれ続けたら・・・本当に「やめてくれ~!」と思いますよね。



自分がそうされたら果たしてどう思うか?

嬉しいか?

傷つくか?

私たちはもっと繊細にならないといけません。

わんこもにゃんこもこの世に使命があり、ご縁のある人のところにたどり着くよう意図してきています。
人間と一緒です。
私は保護犬を引き取ろうと思っていましたのでエルは意図して保護犬になっています。
自ら過酷な運命を選んで生まれているのです。
なんと勇敢なことか!

私のところに来てくれるために!

エルや他の動物さん達も自らの過酷な境遇を悔やんだり、
苦にしたり、恨んだりはしていません。
なぜなら・・・


自ら選んでいるから。





2007年から2017年に天使になるまでエルのいた10年間毎日笑っていました。
キラキラ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°の時代でした。

私の魂のステージがグンと上がったともいえるでしょう!

幸せな、幸せな10年・・・。



人にひどい目に合わせられたにもかかわらず
人が大好きなエル。
わんこもにゃんこも赤ちゃんも大好きなエル。
エルはいつも「大好き、みんな大好き!」
と言っていたと思います。

家に出入りしている5匹の猫たちも誰もエルを怖がりません。
まるでエルは「悪意」の存在を知らないようでした。

そもそも「エル」とは「天使」という意味で名付けました。






ぼんちゃんとシンクロ昼寝


一緒にひなたぼっこ


エルへの感謝の思い。

動物達と人の幸せを実現させるために

私の人生の時間を使っていこう

きっとエルは喜んでくれる

ぼくはここにいるよ!





今日もお読みいただき
ありがとうございました。

アニマルコミュニケーション
でできること↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんログ村